seopop
【スポンサー広告】

Bitcoinのエネルギー消費量指数

知ってますか?

Bitcoin鉱業は金鉱よりも汚染されています。

ビットコインのエネルギー消費量は
6,000,000 世帯分の消費量に匹敵し
毎日 90,000,000 kg の CO2 (200,000,000 lb) が排出されています。

さらに、そのエネルギーが
1 秒間にたった 2 件のトランザクションに使用されており
クレジットカードネットワークの 1 秒間に何千件という処理能力には程遠い数字です。

主要ネットワーク統計

説明

Bitcoinの現在の推定年間消費電力*(TWh)
73.12

Bitcoinの現在の最小年間電力消費量**(TWh)
56.57

年間鉱石採掘収入
$ 4,704,328,972

年間推定世界鉱業コスト
3,656,073,069ドル

現在のコストパーセンテージ
77.72%

Bitcoinに最も近い電気消費量の国
オーストリア

前日に使用された推定電力量(KWh)
200,332,771

1GH / sあたりのワット数
0.149

総ネットワークハッシュレート(単位:千万GH / s)
55,825

取引1回あたりの電力消費量(KWh)
746

Bitcoinによって電力供給可能な米国の世帯数
6,770,506

1回の取引で消費された電力で1日稼働している米国の世帯数
25.2

Bitcoinの電力消費量を世界の電力消費量に占める割合
0.33%

年間CO2排出量(CO2のkt)
35,830

1回の取引当たりのCO2排出量(kg)
365.34

Bitcoinのエネルギー消費を他の支払いシステムVISAと比較する

Bitcoinネットワークで消費されるエネルギーを見通しにするために
VISAなどの別の支払いシステムと比較することができます。

VISAによれば、同社は全世界で674,922ギガジュールのエネルギーを消費しています(さまざまなソースから)。

https://usa.visa.com/dam/VCOM/download/corporate-responsibility/visa-2016-corporate-responsibility-report.pdf

これは、VISAのエネルギー需要が約17,000米国の世帯に等しいことを意味します。

ビザは2017年に1122億回の取引を処理したことも知っています。

これらの数字を利用することで、両方のネットワークを比較して
BitcoinがVISAよりもトランザクションあたりのエネルギー消費量が非常に多いことがわかります

(下記の図は、Bitcoinの単一のトランザクションと100,000のVISAトランザクションを比較しています)。

もちろん、これらの数字は完全ではありません(例えば、VISAオフィスのエネルギー消費は含まれていません)が

その違いは非常に極端であり、関係なく衝撃的です。

通常の金融システムにおける平均的な非現金取引との比較は

平均的なBitcoin取引が数千倍のエネルギーを必要とすることを示している。

Bitcoinは2020年までに世界全体のエネルギーを消費する

おいおい 僕ら2020メンバーの邪魔しないでくれよな…笑)

Bitcoinのエネルギー消費は悪い状況であり確かに改善されていませんが

Bitcoinネットワークは2020年までに全世界と同じくらい多くのエネルギーを消費すると予測しています。

この予測は当初Bitcoinのエネルギー消費指標の最近の伸び
(Bitcoin Energy Consumption Index)
(指標自体は現在および過去の数値のみを提供している)を外挿したものです。

この予測には、Bitcoinの鉱業収入が実際にそのような巨大な電気料金を支えるのに十分に高くなければならないことが第一のものであるという2つの要件が現実となります。

現時点では、収入は実際に起こるほど近くには存在せず
1つのBitcoinの価格はおそらく100万ドル以上に増加して十分に近いものになるはずです。

その時点で
Bitcoinは合計17兆ドル以上の価値があります
(現在の世界の資金総額は約90兆ドルです)。

前者が何らかの形で達成できれば、そのすべてのエネルギーで実行される実際の機械もまだ生産する必要があります。
メーカーはBitcoinマイニングマシンの現在の需要に追いつくためにすでに苦労しているため、そのような短期間で膨大な数の新しいマシンを実際に提供するには、無限の量のリソースと生産能力が必要になります。

要するに、結論は外挿(特に指数関数的なもの)を作る際に注意すべきであるということです。

Bitcoin鉱業の将来について予測するより慎重な方法は、鉱業の現在の収益性を考慮することです。
今日の鉱夫は毎年約80億ドルの収入を得ています。

Bitcoin Energy Consumption Indexによれば、鉱業(主に電力)のコストは年間約25億ドル(総収入の約30%)であり、ネットワークに機械を追加することは非常に有益です。

これは、ネットワーク全体の現在の推定エネルギー消費量が年間約51TWhであるにもかかわらず、この数が倍増する余地があることを意味します(現在の収入がそれをサポートする可能性があるため)。

このような増加は、Bitcoinをオランダと同じ範囲に置くことになり、アルゼンチン、スウェーデンの電力消費量を示しています。

その時点までには時間がかかりますが、現在の生産量見積もりでは、これは翌年には可能性が高いようです。

英文記事 digiconomistより>>>https://digiconomist.net/

Bitcoin VS CO2 の世界が…..

Bitcoin掘ってる間に いつか地球が消えちゃいますね

ある意味

デジタル VS 母なる地球 ってことです!!

人類初の ジ レ ン マ

あっ! 原発が先だった

人 類 最 大 の ジ レ ン マ
 

PS

これで たった2426文字です orz

どーなることやら 2000文字ブログ 笑)

それではまた♪

>