seopop
【スポンサー広告】

人に助けてもらうための「6つのルール」

人に助けてもらうための「6つのルール」というメールが届いた。

ご紹介します。

1.人は相手を助けたいのだと理解する

 人は人を助けたいという本能があります。
 人を助けることで、満足感を得られるのです。
 無理に1人で抱えないことです。
 

2.「透明性の錯覚」に陥らない

 自分が助けを必要としていることは
 誰の目にも明らかだと思い込まないことです。
 助けは、こちらから求めるべきです。

3.誰も、あなたを嫌ったり、軽蔑したりしない

 助けを求めることは、関係性を悪くしません。
 思いやりと尊敬を持って相談すれば、 
 しっかり向き合ってくれるはずです。

4.事情をすべて明確に伝える

 曖昧な情報で救いの手を待つのではなく、
 何が必要なのかをちゃんと伝えるべきです。

5.なぜその人を選んだのかを相手に伝える

 誰でも良いのではなく、あなただから相談したと、
 意中の相手に率直に伝えることが大切です。

6.好意を「取引」にしない

 最初から返礼を申し出ると、賄賂のようになる。
 相手の善意の行為を待ってから、何かを贈るべき。

どーですか?

自分の言葉に変換して理解してみてください。

このように「6つのルール」にまとめていただけると
自分の頭も整理され、具体的な軌道修正につながりますよね。

何かパニクったら
誰かに相談する前に…

この6つのルールを冷静に意識した言動をして
自分より知っている方に助けていただきましょう。 笑)

それではまた♪

ジャスト600文字!  笑)

>